症例で見る!知識情報・図書館学類おさんぽマップ

この記事はポエムklis advent calendarの20日目の記事です.

 知識情報・図書館学類は文理融合を謳っており,そこには様々な種族の人々が集まります. 入学当初の思惑のまま進路を進む人がいれば,そうではない人もいます.
例えばは司書になるためにこの学類に入りましたが,今は機械学習の門を叩いています.

このエントリは,

「図書館学類にきちゃったけど図書館面白くないぞ...?」

とか

「図書館の勉強しに来たはずなのになんでプログラミングしてるんだ...?」

となっている人に向けて,その後の対処法を考える一つの参考になることを目的として作成しました.

 自分の経験を元にしているので,図書館系(情報経営・図書館主専攻)とシステム(知識情報システム主専攻)に関する話題がほとんどです. 知識科学主専攻については他の先輩に聞いてください.

図書館のことを学びたくて来たのに図書館への興味がなくなった

 悲しい話ですが,比較的よく聞く話でもあります(先述の通り僕もその内の一人です). しかし,この学類には図書館を学ぶ以外にも道があります.この学類には三つの主専攻があります.少し主専攻の話をしましょう.

 知識情報システム主専攻は最もプログラミングとともに過ごす時間が多い主専攻だと思います.ただし,システム主専攻だからプログラムをガンガン作るとはかぎりません. プログラミング演習を通してプログラミングに関心を持ったら主専攻ホームページを覗いてみると良いかもしれません.

 知識科学主専攻はとても広範な領域を扱っています. 図書館もプログラミングも嫌いだ!という方も面白いテーマに出会えるかもしれません. ホームページはこちら

プログラミングのことを考えると夜も眠れなくなる(悪い方)

 山場は1年生のプログラミング演習,2年生の知識情報演習です.友人を頼るなどして死ぬ気で生き残りましょう. KLCや先輩,他の学類の友人など,頼れるものはなんでも頼るべきです.総力戦です. ただし答えをそのまま教えてもらうことはあまりオススメしません. 図書館一筋でも,プログラミングが必要になってしまうことがあるかもしれないからです.

プログラミングのことを考えると夜も眠れなくなる(良い方)

 コードを書きましょう.また,書いたコードを積極的に公開すると良い気がします.
GitHubなどを使ってコードを公開すると優秀な人がコメントをくれたりします .*1

図書館についての勉強をしたすぎて心が荒む

 本学類の学生・教員は後輩にとても優しいです.積極的にコンタクトを取ってみると良いのではないでしょうか.
 また,本学類の学生・教員には図書館業界で有名な方が多いです.教員・上級生のコミュニティに潜り込むと図書館業界との距離が近づくかもしれません.

もっと情報系っぽいことしたくなってきちゃった

 システム主専攻は数学ができなくても生きていけます. 逆に言えば自分で何かしないと永久に数学的な知識が増えることはありません.
しかし,幸いなことに筑波大学は総合大学です.他の学類の授業に潜り込むことで数学を学ぶことができます.

 とにかく数学をしましょう.誰がなんと言おうと数学をしましょう.
この結論に至った時,僕はすでに3年生になってしまっていました.もう間に合わないかもしれないと半泣きになりながら日々を過ごしています.

この苦しみを共有するのは悲しいです. 有志がklis math clubを作ってくれました.興味があればご参加ください.

 繰り返しますが,筑波大学は総合大学です.極めて多くの分野に関する授業があります.興味がある分野があるなら授業を覗きに行くべきだと思います. この学類のカリキュラムはあまり厳しくないので,自分で必要な知識を得る努力をしましょう.(めちゃくちゃ耳が痛い)

 要約しましょう.

  • 図書館に興味が持てなくなっても悲観しない
  • 興味がある分野があったら他の学類を覗いてみる
  • 自分で勉強する

これができなかったから僕は今苦しい思いをしています. 専攻迷子のみなさんがんばりましょう.

*1:フォローしてくれても良いんですよhimkt on GitHub